光脱毛のデメリット

作用がマイルドなので完了までに時間がかかる

サロンで行われている脱毛の方式を光脱毛といいます。これは黒い色に反応する性質を持った光を照射することで、毛根とその周辺組織にダメージを与えて新しい毛が生えてきにくくなるようにするものです。クリニックで行われているレーザー脱毛も仕組みは同じですが、ハイパワーなのでより効果が高いのが特徴です。

光脱毛はレーザー脱毛に比べると出力が低く作用がマイルドなので、効果が出てくるまでには時間がかかります。レーザー脱毛ではおおむね5~6回で終わりますが、光脱毛では12~18回程度施術を繰り返す必要があるのです。それだけ通う期間が長くなるので忙しい人にとってはデメリットとなりますが、作用が穏やかな分痛みも少ないというメリットもあります。

脱毛完了後数年でまた毛が生えてくることも

出力が弱いことによるデメリットはもう一つあります。光脱毛の場合、必ずしも永久脱毛といえる効果が得られないこともあるのです。レーザー脱毛の場合はほぼ完全に毛の再生組織である毛母細胞を破壊してしまうので、脱毛完了後に新しい毛が生えてくることはほとんどありません。一方、光脱毛では毛母細胞にダメージは与えられるものの、破壊するまでには至らないのです。

その結果、脱毛完了後何年か経つとまた毛が生えてきてしまうこともあります。またお金をかけて一から脱毛しなくてはならないのか、とがっかりする人もいるかもしれませんね。ですがこうしたことを考慮して、回数無制限のコースを設けたり永久保証を付けたりしているサロンもあるので、そうしたところを探してみるとよいでしょう。