医療脱毛のデメリット

出費額が大きくなってしまう

医療脱毛は強力なレーザーでほぼ永久脱毛できるので、ムダ毛を根本的に除去したい方に向いています。満足できる結果が見込める分、どうしても出費額が大きくなってしまいます。金額は場所によって様々ですが、5~6回で30万円ほど必要です。高校や大学に通う年代の方にとっては非常に高額で、アルバイト代で払うのは困難です。社会人になってから脱毛をするという手もありますが、遊び盛りの時期にムダ毛処理の苦労を抱えるのはストレスになります。例えば夏の水着シーズンに向けて脱毛を考えるのであれば、貯金をする時間と脱毛の時間を考えないといけないので大変です。場合によっては一年ほどの準備を要する可能性もあり、貯金生活が長くなると生活の質も下がってしまいます。

痛みが強い可能性がある

医療脱毛はレーザーが強力なので、その分痛みが強くなりがちです。人によって感じる痛みは違うので一概には言えませんが、場合によっては我慢できないほどの痛みに襲われる可能性もあります。チクチクする程度の痛みであれば何とか我慢できますが、涙が出るほどの痛みであれば継続が困難です。日焼けをするとレーザーによる痛みが増すので注意しなければいけませんし、その他規則正しい生活をするなどして健康体を維持したいものです。また、女性の場合は生理などホルモンバランスが乱れた時も痛みが強くなりやすいので、運悪く脱毛の日と被ってしまった場合は日にち変更をした方が良いです。レーザーを照射する為に通院する回数は少ないので、意を決して乗り切るという心構えも大切です。